前へ
次へ

買取専門業者を頼ってまとまったお金を作ろう

実際のところ、昔に発行されたプレミアな切手等を売買すれば、かなりまとまったお金を作ることができます。
プレミア価値がついている切手を買い取ってくれる業者を探し、その上で声をかけてみると良いでしょう。
しかもバラバラではなく、シートのまとまった状態で所有していると言うなら、なおのこと高い値段になる可能性があります。
1部の海外で発行されている切手や、記念切手等に関して、どのくらいの金額になるのか、まずは自発的に調べてみると良いでしょう。
インターネットを利用すると、全国規模で買取専門業者の、買取事例等が確認できます。
その買取事例を比較して、今自分が所有している切手がどのくらいの金額で出回っているのか、見極めるのが基本です。
様々な業者に見積もり金額を出してもらい、その金額を比較してから判断しましょう。
最も高額な金額で買い取ってくれる業者から、順番に声をかけていくのが基本となります。
汚れ等が目立つと値段が下がる可能性があるので、コンディションには注意です。

桜切手の価値を自分で調べるのは難しい

切手のコレクターであれば切手の知識が豊富かもしれません。
世の中には多くの切手が出回っていて、現在発行されていないものになればそれなりにプレミアがつきます。
プレミアの付き方は欲しい人がどれくらいいて、それに対して供給がどうなっているかです。
欲しい人がたくさんいても数が多いならプレミアはつきにくくなります。
古い切手の代表ともいえるのが桜切手です。
日本の郵便制度が始まった当初に発行された切手で、半銭、1銭などかなり低い金額の切手が発行されています。
金額の種類も結構あり、図柄が変更されたり用紙の材質が変わったりしています。
その中でも高額とされる20銭や30戦は数が少なくなります。
自宅で桜切手を見つけたら驚くかもしれません。
しかし桜切手の価値は同じではありません。
一般的には古い物ほど高くなりそうですが、発行枚数にばらつきがあるため必ずしも古い物が高くなるわけでもありません。
和紙か洋紙かの違いとなるとなかなかわかりにくい部分もあります。
鑑定士に鑑定してもらいましょう。

Page Top